こんにちは、 名入れ記念品の専門店【関本屋】の店長・勝山です。

USBメモリは近年定番の卒業記念品として人気が高いアイテムになっています。

高校から大学に進学する際に課題の提出などのデータはUSBメモリに入れて持ち歩くようになり、社会に出てからも仕事の資料などをUSBメモリに保存して移動するなど、普段使いでUSBメモリが必要になるシーンが増えるのでもらって重宝する記念品です。

名入れのUSBメモリでよくある印刷手法は1色のシルク印刷で、学校名と年度を印刷する程度だと思いますが、関本屋でご案内しているのは同じシルク印刷でも1色ではなく【最大4色のシルク印刷】と【レーザー刻印】での名入れ印刷になります。

最大4色シルク印刷とは

もちろん、1色のシルク印刷の対応も可能ですが、複数色を使って見栄えのよい印刷をした方が贈る側も貰う側も印象に残る記念品になると考えています。

関本屋のUSBメモリ向けのシルク印刷は最大4色まで印刷可能で、1色でも2色でも3色でも4色でも同じ価格でのご提供となります。色数が多いから価格が上がる、色数が少ないから減額ということもありません。

ベタに白や黒で印刷を行うのも悪くはありませんが、校章はゴールド・テキストは黒など印刷する項目ごとに色を変えられるので見栄えがよい印刷になります。

レーザー刻印とは

レーザー刻印とは、シルク印刷のようにインクで色を付ける印刷とは異なり、表面にレーザー照射を行い素材を削って色味を変えて文字やロゴなどが映えるようにする印刷手法になります。

シルク印刷よりも印刷に深みがあり、高級感を演出することができる印刷手法となります。

大学向けの卒業記念品は特に見た目や高級感を重視する傾向にあるので、レーザー刻印による名入れはおすすめです。

仕事で使うようになる場合は、どちらかというとポップに見えてしまうシルク印刷よりもシックなレーザー刻印の方がビジネスシーンにはマッチします。

シルク印刷でもレーザー刻印でも名入れ代は同じ

関本屋のUSBメモリはどの名入れ手法を使用しても、名入れ代に変化はありません。

表示価格のみで印刷を行うことが可能です。
※商品により対応している名入れ手法は異なるので、商品名をご確認ください。

  • 「名入代込み無料」
    複数の印刷手法に対応している場合はこの表記となります。
    商品の項目選択にてご希望の印刷手法をお選びいただけます。(シルクとレーザーの組み合わせが多い)
  • 「レーザー名入代込み」
    レーザー刻印のみ対応した商品はこの表記となります。
  • 「4色シルク名入代込み」
    シルク印刷のみ対応した商品はこの表記となります。
    色数は1~4色で選択可能(色数が減っても金額の減額がありません)
  • 「フルカラー名入代込み」
    フルカラー印刷のみに対応した商品はこの表記となります。
    フルカラー印刷とはグラデーションや写真の印刷に対応した印刷。

商品代+名入れ代がすべて含まれた価格となっていますが、100個ご注文いただいた場合の価格設定となっておりますので、100個未満の場合や200個以上のご注文の場合はお気軽にお問い合わせください。
お見積書を作成してご提案させていただきます。

WooCommerce対応 ネットショップ向けWordPressテーマ「Japacart ジャパカート」日本語に対応